多様人材の活用 〝強み〟見極め適正配置 経産省が好事例集

2015.04.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勤務時間・場所を柔軟化

 経済産業省は、女性や高齢者、障害者、外国人など多様な人材を活用して生産性向上などにつなげている企業の取組み事例集「平成26年度ダイバーシティ経営企業100選ベストプラクティス集」を公表した。各企業の共通事項を整理し、成果に結び付けるための基本的な進め方を提言している。多様な人材活用を経営方針に盛り込んだうえで、勤務時間・場所の柔軟化に取り組んだり、障害者の特性や高齢者の経験が生きる業務の創出など個々の強みを発揮できる機会を用意したりすることが重要とした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月13日第3012号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ