紛争予防こそ本分 労務管理研修会開く 社労士連合会

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国社会保険労務士会連合会(大西健造会長)は、東京都内で平成26年度関東甲信越地域協議会労務管理地方研修会を開いた。大槻哲也最高顧問が講演を行い、参集した社会保険労務士に対して”社労士の使命”とは何かについて話した=写真

 大槻最高顧問は、「社労士の本分は労使関係トラブルの救済よりも、むしろその未然予防にある」と強調。コストがかからないよう裁判に発展させず、当事者による自主的な解決へと導くサポートが重要とした。続けて、「社労士としての自信と誇りを持ちながら、依頼者に対応できているか」と問いかけた。

ジャンル:
平成27年3月23日第3010号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ