無期転換 正社員以外へ切替4割 東京・多摩5労基署

2014.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運用上の細則必要に 対応方針未定も3割

 東京の立川、青梅、三鷹、八王子、町田の5労働基準監督署は、労働契約法改正への対応状況に関する実態調査をまとめた。有期労働契約を繰り返し更新し通算5年を超えた場合、労働者の申込みにより無期労働契約への転換を義務付けた部分について、4割の企業が「正社員以外の無期労働契約に切り替えていく」、1割弱が「正社員に切り替えていく」としていることが分かった。「検討中」などと態度を決めかねている企業も3割とめだつ。人事担当者の多くから「法解釈を含めた詳細な情報」「運用に当たっての細かな細則」など具体的な参考資料を求める声が挙がっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月3日第2955号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ