連合16春闘 中央討論集会 ”産業全体底上げ”考え方共有 中小・非正規へ光

2015.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

大手は「公正取引」要求へ

 連合は11月4、5の2日間、来春闘の要求に関する討論集会を開催した。14、15春闘で2年連続2%台の賃上げを獲得した流れを継続する基本スタンスの下、産業全体に2%程度の賃上げが行き渡るような要求を掲げる考え方を共有した。下請け等の労働者に十分光を当てきれていない大手の反省を込めた基準で、中小や非正規に厚い配分が実現するよう、親会社の労組として会社に公正取引の実現を求める。産業全体の底上げ・底支え、格差是正に寄与する要求を通じて、デフレ脱却・経済好循環に近付ける。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月16日第3041号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ