個別相談会の予約が満杯に 笠岡労基署・ストレス検査で

2016.01.01 【安全スタッフ】

 岡山・笠岡労働基準監督署(岡田康浩署長)はこのほど、「ストレスチェック制度個別相談会」を行った。制度運用に当たり、労働者の心の健康状態が分かる情報を管理するため、とくに事業者が懸念するプライバシーの保護や不利益取扱い防止などについて、時間帯別の予約制で個別相談の機会を設けたもの。予約は受付期限前に満杯となり関心の高さがうかがわれた。

 主な相談事項をみると、ストレスチェック制度の実施規程の定め方、制度実施に際しての産業医との関わり方、検査結果などの個人情報の管理・保存方法など多岐にわたる。

掲載 : 安全スタッフ 平成28年1月1日第2249号

あわせて読みたい

ページトップ