JSGU大会で「労使一体」促す UAゼンセン政治顧問

2015.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 UAゼンセンの組織内議員候補である川合孝典政治顧問は10月3日、派遣会社の労働者らでつくるUAゼンセン人材サービスゼネラルユニオン(JSGU・梅田弘会長)が東京都内で開催した第12回定期大会に来賓として訪れ、「スタッフを守るために労使一体の取組みを」と訴えた。

 先の国会で成立した改正派遣法については、「業界を本当に分かって議論しているとは思えなかった」と述べ、「派遣先で仲間のスタッフの権利が守られることが重要」という考えを示した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月19日第3037号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ