平均1625円獲得 確固たる2歩目と総括 自動車総連・15春闘

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 自動車総連(相原康伸会長)は、9月3~4日にかけて千葉県で第44回定期大会を開催し、「6000円」を産別の基準に掲げて取り組んだ15春闘を総括した。課題は残ったとしつつ、「確固たる2歩目を踏み出せた」としている。

 この日公表された8月31日時点の要求・回答集計によると、賃上げ要求を行ったうちの9割超に当たる1084組合がベアを含む賃金改善分を要求し、それらの要求額平均(単純)は5881円となり、そのうち804組合が平均1625円の賃金改善分を獲得した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月21日第3033号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ