連合に「中央ユニオン」結成 個人加盟で団交権も

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全国展開企業の組織化へ

 連合は、東京の「本部」に団体交渉権を持った個人加盟型の「中央ユニオン」を結成した。寄せられる労働相談の中には対象企業の事業所が複数の自治体にまたがっているケースも珍しくなく、そうした場合に本部自らが団体交渉権を背景に集団的労使関係の構築に向けて動けるよう、体制を整備した。全国の各地方連合会にすでにある個人加盟型ユニオンの本部版といえ、労働組合を組織化するためのツールの一つという位置付け。組織化した後は、傘下の構成組織(産別)への引継ぎを想定している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月23日第3010号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ