愛知県で第1弾目 連合が地域フォーラム

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合が春闘中の開催を予告していた地域フォーラムの第1弾が愛知県で開催(3月1日)され、国の持続的成長には中小企業の活性化がカギとする問題提起の下、行政や政治、経営者団体の代表が各々の考えを持ち寄った。

 主催した連合愛知の土肥和則会長が、「国民運動として春闘に取り組まないと格差解消にはつながらない」と口火を切ると、中京大学経済研究所の内田俊宏研究員は、「人口の少ない地方ほど中小企業のウエートが高い。その活性化を図るために今春闘は大変重要」とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月16日第3009号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ