「おひとりさま」は鍵 サービス連合が産業政策

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ホテルやレジャー産業、旅行業、航空貨物業の労働者が集うサービス連合は、産業政策「これからのサービス・ツーリズム産業」をまとめ、10年後につながるトレンド予想を基にした産業のあるべき姿を提言した。

 「生活者」「労働者」「産業・企業」の別に、サービス化やグローバリゼーション、少子高齢・シングル社会、環境保護と持続可能な社会など、自らの産業にとって重要になるとみられる社会的7事象とをリンクさせたマトリクス分析に基づくもので、例えばシングル化の進展で増えることが確実な「おひとりさま」の満足度を充足させる事業展開などを指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年8月12日 第2932号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ