”総合労使協議体制”確立を 「再発防止」へ対策 サービス連合

2014.08.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

食品表示問題自ら検証し

 ホテル・レジャー業や観光・航空貨物業の労働組合でつくるサービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合・後藤常康会長)は、昨年、社会問題化した食品表示問題の「再発防止対策」を取りまとめた。「食」を扱う企業としてのコンプライアンス意識が不十分だったことが問題発生の根底にあるとの見方を示し、労働条件に限らず経営全般の課題を日常的に話し合える総合労使協議体制を確立したい考えだ。毎年11月を再発防止に向けた「強化月間」と位置付け、継続的な意識醸成に努める。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月11日第2980号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ