まずは団交を要求 退去勧告取消し判決受け 大阪市労連・黒田書記長

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 自治労・大阪市労働組合連合会(市労連)の黒田悦治書記長は、橋下徹大阪市長の主導で進めた組合事務所に対する退去勧告の取消しとおよそ400万円の賠償を命じた9月10日の大阪地裁判決の件で、「まずは団体交渉から。その中で勧告後に制定した組合への便宜供与を禁じる条例改正などを求めたい」と話した。”判決”は今回が初。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月22日第2986号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ