【追跡レポ】ティーペック/従業員の健康対策 定期健診に”がん検診”を付加

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

早期発見で仕事と両立 月2回の治療休暇を設定

2交代シフト勤務で24時間相談に対応する

 電話健康相談のパイオニアであるティーペック㈱(東京都台東区、砂原健市社長、従業員381人)では、健康経営の観点から、「社員健康促進制度」を展開している。生活習慣病対策拡充などのほか、定期健診の受診日は、体が休まるよう健康診断休暇に設定。昨年からは、健康促進制度の1つである「がん対策」を強化し「がん罹患者のための6つの支援制度」を明文化した。定期健診に「がん検診」を付加することで早期発見につなげる一方、罹患者の再発防止に向けて月2回、がん治療のための休暇制度を立ち上げ、仕事と治療を両立できる仕組みを整備した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年12月7日第3043号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ