町工場の連携強める 「横請け」で受注増狙う 大阪商工会議所

2017.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪商工会議所は、複数の機械・金属加工分野の町工場をつなぎ合わせて「横請け」を可能にすることで新規受注拡大をめざす「町工場ネットワーク」を構築した。発注業者の要求に対して1社では受注困難だったケースでも、対応できるようにする。各町工場が保有する設備・技術のデータベース化も進める。

 同商議所によると「かつて存在していた中小企業同士のつながりは自然消滅している」という。

 そこで改めて企業間のつながりを形成することで新規受注拡大をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月25日第3130号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ