【今週の視点】過重労働抑制へ新ルールを

2013.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「残業代のみ」に限界 800万円は管理職並み

 成果や職務を基準とする賃金管理を前提にすれば、労働時間に賃金が比例するという発想を全面的に受け入れるのは難しい。政府が例外的にホワイトカラーエグゼンプションを認める方針を持つとのニュースは、年収800万円以上という基準が報じられたゆえ、多方面への影響を想像させる。過重労働の抑制に向けては、残業代に代わる新たなルールが求められよう。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月2日第2935号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ