下請けへの指導不足 安衛法違反で最多に 大阪労働局緊急監督

2017.09.05 【安全スタッフ】

 大阪労働局(田畑一雄局長)は、新名神高速道路建設工事現場での死亡災害発生を受け、同現場を含む府内建設現場に対する緊急立入調査を行った。半数近い46.1%の建設現場で労働安全衛生関係法令違反が判明している。元請事業者が下請事業者との連絡調整を図っていないなど、元請けによる下請けに対する指導不足に関する違反が85%と最多を占めた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年9月1日 第2289号

あわせて読みたい

ページトップ