価格へ反映が不十分 日本のサービス品質 生産性本部研究報告書

2017.08.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本のサービス品質はアメリカを上回るものの、価格に十分反映できていないことが、日本生産性本部がまとめた「サービス品質の日米比較」に関する調査研究で分かった。とくに宅配便や理容・美容などの分野でその傾向が顕著で、日本のサービス業の生産性の低さにつながっている。

 それによると、アメリカ滞在経験のある日本人と日本滞在経験のあるアメリカ人それぞれ500人を対象に、対個人サービス29分野の品質と価格を調べた結果、日本人、アメリカ人ともにほとんどの分野で日本のサービス品質がアメリカを上回ると回答している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月28日第3126号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ