AIで余剰配置減を サービス業の生産性向上 経産省報告書

2022.04.11 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省は、サービス産業の生産性向上に向け、AIシステムの導入で人的資源の適正配置が可能などとする報告書を取りまとめた。サービス産業では主に飲食店などで1日のなかの需要変動に対応するため常に人員を余剰に配置しており、余計なコストが発生していると指摘。シフト表や作業割当てを自動作成するHRテックなどのAIシステムを導入し、無駄のないシフトを管理することで適正な配置につながるとしている。

 同報告書では、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月11日第3348号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。