正社員化セミナー 全国に向けて好事例を発信 東京都

2015.12.21 【労働新聞】

 非正規労働者の正社員化を推進している東京都は、「人を活かそう、未来のために」と題したシンポジウムを開催した。挨拶した舛添要一知事(写真)は、国に先駆けた労働行政を展開し、正社員化に向けた好事例を東京から全国へ広めたいと決意を表明している。企業による正社員化モデルケースの発表も行った。

 舛添知事は「自らの意思に反して非正規として働く労働者を、正社員に転換していかなければならない」と強く訴えた。正社員化を進めるには企業にインセンティブを与える必要があり、東京都として後押ししていきたいとしている。

掲載 : 労働新聞 平成27年12月21日第3045号2面

あわせて読みたい

ページトップ