人材育成テーマに白熱の議論も 社労士祭り

2017.07.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 社会保険労務士法人のビルドゥミー・コンサルティング(望月建吾代表)やLMC社労士事務所(蒲島竜也代表)などは共同で、社労士業界活性化に向け、「関東社労士祭り2017」を千葉県内で開催した=写真。社労士ら約70人が参加した。

 社労士事務所内における人材育成をテーマに、高い業績を上げる全国の社労士事務所の代表らが登壇してパネルディスカッションを行い、それぞれ特色のある人材育成法を紹介、議論した。

 たとえば、内部で勉強会をする際、テーマを参加者自身で決め発表させることを通じて自分の言葉で顧客に説明できる能力を養成。また、給与計算や労災申請などの基礎的な業務を満遍なくできるようにするため独自にカリキュラムを作成している事例が紹介された。

平成29年7月10日第3120号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ