【今週の視点】技能実習生の育成 リーダーシップ修得に期待

2017.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

母国経済発展へ寄与 認知度向上が成否分ける

 今年11月の技能実習法施行を契機に、一般財団法人国際技能・技術振興財団が、起業家・リーダーに必要なスキルを実習生に修得させて認定する制度を開始する。開発途上国への技能移転という理念実現を後押しする取組みとして、多くの受入れ企業へ広がることを期待したい。ただ、普及には、認定者が起業時に評価されるよう現地での認知度向上が欠かせない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ