【今週の視点】技能実習 先行投資で人材確保

2017.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

イメージ一新の好機 外国人に魅力ある制度へ

 外国人技能実習法が、ようやく公布された。受入期間を最長5年に延長するなど制度枠の拡大を図ると同時に、実習生保護に向けた管理体制も強化された。実習制度のイメージ一新を期待する一方で、人件費アップを懸念する中小企業も多いだろう。しかし、適正な労働条件の確保は、より多くの実習生を迎えるための先行投資と前向きに捉える姿勢が求められる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年1月16日第3096号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ