月104時間残業で製造業者を送検 大曲労基署

2017.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 秋田・大曲労働基準監督署(田村功悦署長)は、36協定を超える違法な時間外労働をさせたとして、製造業の山崎ダイカスト㈱(神奈川県横浜市)並びに同社製造部の部長と次長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで秋田地検に書類送検した。

 同社は、平成28年7~9月の3カ月間、秋田県にある美郷工場と大仙工場で金属加工に従事する労働者4人に対し、36協定で定めた月70時間の延長限度を超える違法な時間外労働をさせていた。1人当たりの時間外労働は最大で月104時間だった。

 26年3月から複数回にわたり是正指導をしてきたが、改善しなかったため、送検に踏み切った。同労基署は、「慢性的な人手不足が違反の背景にある」と話している。

平成29年6月26日第3118号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ