マタハラで提訴 会社拡大路線の裏で クスリのアオキユニオン

2017.06.30 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 UAゼンセン・クスリのアオキユニオンは6月19日、育児をしながら短時間勤務で働いていることを理由に降格などされた組合員の地位確認と賃金支払いなどを求め、金沢地裁に提訴した。

 北陸を中心にドラッグストアを展開する同社は、代表取締役に青木宏憲社長が就任した2014年からの8年間で店舗数を350店にするという拡大路線を打ち出した。以降、高速出店に人員確保が追い付かず、各店舗とも人員不足状態に陥った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年6月26日第3118号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。