【フォーカス】ツナグ・ソリューションズ/多様な休み方 勉強休暇 講習費は会社が負担

2017.06.14 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

事前のプレゼン必要 週休3日制導入も構想

勉強休暇の取得には本部長へのプレゼンが必要

 アルバイト・パートを中心とした採用コンサルティング業の㈱ツナグ・ソリューションズ(東京都千代田区、米田光宏代表取締役社長、377人)は、「休むことで自分を高める」との考えに基づき、多様な休暇制度を用意している。勉強休暇は何かの知識を得る際に休めるもの。事前に必要な日数などを本部長へプレゼンし、承諾を得なければならない。講習にかかる費用は会社が負担する。最近、勤務間インターバル制度を導入したほか、週休3日制も構想に入れている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月12日第3116号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。