正規労働者の賃下げはダメ 同一賃金セミナー

2017.06.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱もっとよくなる(安中繁代表取締役、東京都国分寺市)は、社会保険労務士などに対し、働き方改革に関するセミナーを開催した=写真

 東京大学社会科学研究所の水町勇一郎教授が、同一労働同一賃金などについて解説。非正規労働者の処遇を改善する際、原資を一定とすると正規労働者の賃金を下げることになり、同一労働同一賃金ガイドライン案の趣旨に反する。労働分配率を上げることが第一で、次いで価格転嫁し消費者に負担を求めるのが政府の意図と話した。ガイドラインが正式なものになると予定される平成31年4月に備え、導入準備を進めていくべきとした。

関連キーワード:
平成29年6月12日第3116号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ