25歳以下の紹介前年度比2割増 人材協・大手3社

2017.06.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本人材紹介事業協会(渡部昭彦会長)は、2016年度下期(16年10月~17年3月)の大手3社転職紹介実績を集計した。㈱インテリジェンス、㈱ジェイエイシーリクルートメント、㈱リクルートキャリアの3社の紹介で転職した人数は2万6808人となり、前年同期に比べて11.6%増加している。

 業種別(首都圏)では、0.2%の微増にとどまった「金融」を除くすべての業種で1~2割程度増えた。伸び率が最も高いのは「コンシューマー(消費財)」で、17.7%の増加となっている。

 地域別にみると、中国・四国エリアが36.9%増と大きく伸びた。転職紹介人数が全国の7割近くを占める首都圏は12.3%の増加だった。

 転職者の年齢別では、25歳以下の伸び率が20.0%とめだっており、企業における若年者の採用意欲が高まっている様子がうかがえる。

平成29年6月12日第3116号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ