人材開発部署未設置が増加 日本経営協会調査

2015.12.28 【労働新聞】

 一般社団法人日本経営協会は、企業の人材開発に関するアンケート調査結果をまとめた。人材開発を担当する部署を設置していない企業(団体)割合が上昇している。

 教育・研修などの人材開発を主に担当する部署の設置状況をみると、設置済みの企業は前回調査(平成24年)を4下回る74%で、設置していないのは3ポイント増の25%だった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月28日第3046号2面

あわせて読みたい

ページトップ