労災増加を指摘 安衛水準向上へ 建災防祈願祭

2022.07.29 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は7月1日、「全国安全週間」の実施に合わせて明治神宮神楽殿で安全祈願祭を行った=写真

 建災防の今井雅則会長は、祈願文で、建設業の労働災害が長期的に減少しているものの、前年度の死亡・死傷災害が増加した点に言及。「『安全は 急がず焦らず怠らず』という今年の全国安全週間のスローガンの下、建設業の安全衛生水準の向上と、働きやすい職場の実現を目指し、さらなる取組みの強化をしてまいります」と述べ、労働災害の根絶に向けて全力を尽くすことを誓った。

 建設業関係者約70人が参集した。

関連キーワード:
2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。