有期3現場と2事業場を表彰 重点危険作業へ対策徹底 東京労働局

2022.07.12 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(辻田博局長)は7月5日、令和4年度東京労働局長安全衛生表彰式を開催した。大成建設㈱東京支店馬場先通り地下接続工事、㈱長谷工コーポレーション(仮称)江戸川区西葛西8丁目計画新築工事、㈱フジタ東京支店新宿区市谷加賀町1丁目計画新築工事の有期現場を優良賞として表彰した。リスクアセスメントによる重点危険作業への対策や作業員の危険感受性を向上させる教育などによって、各事業場ともに高い安全衛生水準を達成している。

 継続事業場では、㈱拓和本社、㈱ディックソリューションエンジニアリング情通システム事業部の2事業場を奨励賞に選んだ。社内の充実した安全衛生教育やメンタルヘルス教育を含めた健康づくり活動などの積極的な安全衛生管理を高く評価した。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。