金太郎飴人材改めて 多様性包摂社会めざせ 経団連

2017.06.06 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経団連は、女性の活躍推進、年齢を問わない人材活用、高度外国人材の受入れ促進、LGBT(性的マイノリティ)への対応などを前提とした「ダイバーシティ・インクルージョン社会」をめざすべきであるとする意見書を明らかにした。

 同意見書によると、Society5.0においては、AI(人工知能)、IoT、ビッグデータ、ロボットなどの最先端技術により、産業分野や人々の暮らしが最適化・効率化され、経済社会は大きく変貌するとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月5日第3115号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。