経団連・前年上回る賃上げ求める

2016.02.03 【労働新聞】

 2015年を上回る年収ベースでの賃上げを――経団連が作成した「2016年版経営労働政策特別委員会報告」によると、今年の賃上げ交渉に当たっての経営側のスタンスとして、収益が拡大した企業は「前向きで踏み込んだ検討が望まれる」と積極姿勢を示している。デフレからの脱却と持続的な経済成長の実現に向け、各社の収益に見合った対応を図るよう強調。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月1日第3051号1面

あわせて読みたい

ページトップ