アプリ活用し社内駅伝中継 長谷工グループ

2022.06.01 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

全国のランナーへ実況中

 ㈱長谷工コーポレーション(東京都港区、池上一夫代表取締役社長)は5月11日と15日、健康経営の一環として社員がラン&ウォーキングの距離を争う「オンラインチーム対抗駅伝」を開催した。労働組合と共催したイベントには、グループで働く1万人強のうち約750人が参加した。

 4人1組でチームをつくり、順に1人30分ずつランないしウォーキングに挑み、チームで走破した合計距離を競う。スマートフォンアプリを活用し、音声による実況中継を行うことで、場所を選ばず全国から参加できる取組みとしている。実況では順位の変動をリアルタイムで伝える一方、ゲストとしてグループ会社のトップを招き、各社の事業紹介なども実施した(写真右=㈱長谷工リアルエステート・伊澤博文代表取締役社長)。

 グループ会社の一部は水曜日を休日としているため、イベントは2日に分けて開催した。優勝チームは計30.71キロメートルを記録し、1人平均では7.67キロメートルだった。

関連キーワード:
令和4年5月30日第3354号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。