二重派遣で停止命令 建設業務へ派遣も 神奈川労働局

2017.05.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(姉崎猛局長)は、労働者供給により違法な「二重派遣」をしていたとして、派遣元事業主の㈲結城工業(福島県いわき市)に対し、1カ月の事業停止と事業改善を命じた。

 同社は、派遣元事業主7社から受け入れた労働者を、神奈川県の製造業者に送り込み、同製造業者の指揮命令下で、プラントの配管などの製缶溶接業に従事させた。期間は平成27年12月21日~28年11月30日で、延べ3282人日だった。

 さらに、同社は、“個人外注”と称し、実態は労働者として使用していた8人を、同製造業者の大型発電設備の据付け工事現場に派遣し、溶接などをさせていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ