オワハラ調査 大学3分の2が 「相談を受けた」

2015.12.07 【労働新聞】

 人材コンサルティング業の㈱ディスコ(夏井丈俊代表取締役社長)は「2016年度大学の就職・キャリア支援活動に関する調査」を公表した。3分の2に当たる64.8%の大学が学生から“オワハラ”に関する相談を受けたとしている。オワハラとは…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月7日第3043号3面

あわせて読みたい

ページトップ