現金保有志向で人件費が抑制へ 内閣府・21年の経済

2022.03.01 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 内閣府は、2021年の日本経済の動向を振り返った「日本経済2021~22―成長と分配の好循環実現に向けて」を刊行した。今後、企業が投資や労働への分配に前向きになれる事業環境を構築することが重要と提言している。

 1990年から10年ごとの労働分配率の推移をみると、いずれの業種・規模も10年代の水準は90年代の水準と比較して低下している。現金保有志向が、人件費や設備投資の抑制要因となり、低成長につながった。企業に慎重な分配・投資スタンスを促す「負の循環」に陥っている可能性があるとしている。

関連キーワード:
令和4年2月28日第3342号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。