研究者管理など議論 労働政策の方向性を提示へ 厚労省・基本部会スタート

2022.02.18 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省はこのほど、労働政策審議会労働政策基本部会(守島基博部会長)を招集し、デジタル産業などの知識労働者や研究者など労働時間による成果の評価が難しい労働者の雇用管理と生産性向上対策について議論を開始した。

 「加速する経済・社会の変化の中での労働政策の課題」を大きなテーマに掲げ、生産性向上と働きがいのある多様な働き方を実現するための道程を示す。

 具体的には、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月21日第3341号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。