秋田県政運営指針 新卒所定内を全国平均に 賃金水準の目標設定

2022.02.10 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

助成金制度で賃上げ促す

 秋田県は、県内の賃金水準向上の目標値を盛り込んだ県政運営指針「新秋田元気創造プラン(2022~25年度)」案を明らかにした。大都市圏を除く地方圏平均の87%に留まっている平均年間賃金について、25年までに95%、30年までに100%への引上げをめざす。賃上げをする企業は助成金制度などで優遇する方針だ。新規学卒者の所定内給与額は、25年までに全国平均に高める。昨年12月に公表した素案では、賃金は景気の影響が大きいことなどを理由に目標値を定めていなかったが、議会で批判を受け、見直しを進めていた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月14日第3340号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。