労働生産性は23位に下落へ 生産性本部

2022.02.01 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本生産性本部は、2020年の労働生産性国際比較を明らかにした。日本の時間当たり労働生産性は49.5ドル(5086円)で、OECD加盟38カ国中23位となり、1970年以降最も低位となった。

 日本は、労働時間の短縮が労働生産性を押し上げ、実質ベースで前年比1.1%上昇したものの、OECD加盟国との比較では前年20位から下落している。

関連キーワード:
令和4年1月31日第3338号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。