DX推進の課題 量でも質でも人材が足りず 生産性本部

2021.12.21 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 公益社団法人日本生産性本部のイノベーション会議(座長=大田弘子・政策研究大学院大学特別教授)は、上場企業約3800社に実施した「新政権への期待とDXに関する緊急アンケート調査」の速報版をまとめた。DXを進めるに当たっての課題を複数回答で尋ねたところ、人材不足を訴える企業が圧倒的に多いことが分かった。

 9つ挙げた選択肢のうち、最も多く選ばれたのは「必要な人材が量的に不足」と「質的に不足」で、ともに84.9%だった。次いで多かった「自社に合った全体戦略が立案できない」36.7%を大きく上回っている。

関連キーワード:
令和3年12月27日第3334号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。