労災の撲滅へ緊急共同宣言 北海道労働局

2017.05.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道労働局(引地睦夫局長)は、死亡災害の多発を受け、建災防や陸災防の北海道支部などと一丸となって労働災害防止に取り組むとして「緊急共同宣言」を初めて行った=写真

 同労働局と4団体が、共同して労災防止に総力を挙げ、安全パトロールや会員への周知を徹底することなどを宣誓、署名した。

 併せて、同労働局は、労災防止に関するリーフレットも作成。建設業や林業など5つの業種別に対策を提示し、ガイドライン遵守や雇入れ時教育の徹底を呼び掛けた。

 同労働局管内における平成28年の死亡者数は77人と4年ぶりに70人台に増加したほか、死傷者数も6000人台半ばで推移している。

関連キーワード:
平成29年5月15日第3112号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ