4割超が記述書ない 職務等級導入済でも 民間調査

2021.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 民間の総合シンクタンク・三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港区、池田雅一代表取締役社長)が実施した調査によると、自社で職務等級人事制度を一部または全部に導入済と答えた人事担当者のうち、「職務記述書などでポジションごとの職務内容・要件を文章化している」のは20.4%に留まることが明らかになった。36.7%が「一部該当する」とした一方、最も多かった「該当しない」が42.9%を占めている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月6日第3331号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。