今冬賞与38万円超に コロナの影響一段落か シンクタンク・予想

2021.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 民間企業の冬のボーナスの1人当たり支給額が、38万円を超える見込みであることが民間シンクタンクの予想により分かった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響は一段落つき、前年比0.1%減~0.8%増になるとしている。

 最も高い増加幅を予測したのはみずほリサーチ&テクノロジーズで、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月6日第3331号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。