【今週の視点】転倒・腰痛 ”労働者の気付き”で減災へ 安衛体制整備も進む

2021.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

神奈川独自 専門家派遣を開始

 神奈川産業保健総合支援センターでは転倒・腰痛防止対策として、企業に専門家を派遣するサービスを開始した。”労働者の気付き”に着目し、健康測定などを通じて「自身の体力低下」などを意識してもらう。並行して、事業者には健康保持増進計画の策定などを求める。専門家の指導事項に取り組むことで、自然と安全衛生管理体制は整う仕組みとなっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月8日第3328号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。