日建連 週休2日推進へ基本方針 5年間で定着めざす

2017.05.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人日本建設業連合会(中村満義会長)は、長時間労働の削減をめざし、会員企業の土木・建築部門の首脳で構成する週休2日推進本部を設置した。4月18日に初会合を開き、「週休2日推進の基本方針」を決定。目標には今後5年程度での定着を掲げた。2021年度までを対象期間とする行動計画を年内に策定し、来年4月から本格的に計画を実行に移すとした。原則として、「現場の土曜閉所」による週休2日の実現を狙う。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年5月1日第3111号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ