【フォーカス】昭特製作所/健康経営対策 菜食料理で社食メニュー改善

2017.05.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

専門チームを中心に 体重減少量競う大会も

 テレビ局などのスタジオ用機器を製作する㈱昭特製作所(神奈川県川崎市中原区、花田薫代表取締役社長、460人)は、クラブ活動の充実やダイエットの減量値を競うコンテストなどで、会社として社員の健康づくりを推進している。社内に設置した生活習慣病予防に関するプロジェクト・チームが中核を担う。従来からクラブ活動は盛んだが、最近「フィットネスクラブ」を新設し、より活性化させている。台湾の菜食料理を参考に、社食メニューの改善にも取り組んだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第3111号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ