違法残業させ運送業者送検 泉大津労基署

2017.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 大阪・泉大津労働基準監督署(千葉卓克署長)は、トラック運転者に36協定を超える違法な時間外労働をさせたとして、運送業のトキハマエキスプレス㈱(大阪府泉南郡)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 同社は、平成27年12月1日~31日の1カ月間、トラック運転者1人に対し、36協定で定めた1カ月98時間の延長限度を超える違法な時間外労働をさせていた。時間外労働は月160時間に上る。

掲載 : 労働新聞 平成29年4月24日第3110号4面

あわせて読みたい

ページトップ