外国人労働者の安全をテーマに 海事協会・セミナー

2017.04.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

kaiji0002 (一財)日本海事協会、今治国際ホテル(愛媛・今治市)で「外国人労働力及びその安全衛生の確保に関する経営者セミナー」を開催した。国内造船所には、約2000人の外国人労働者が働いている。外国人労働者の能力を生かすためにも、安全衛生は重要課題という。

 セミナーでは、外国人造船就労者の現況について報告するとともに、みなとみらい労働法務事務所の菊一功所長が「日本の安全帯の常識は世界の非常識」と題してハーネス型安全帯の使用を呼び掛けた(写真)。

[平成29年4月1日付2279号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ