総参加人員で過去最少記録 2年・労働争議統計

2021.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省が実施した令和2年労働争議統計調査結果によると、労働争議の総争議件数は前年に次いで過去2番目に低く、行為参加人員は過去最少を記録した。

 2年の総争議件数は303件(前年268件)で、比較可能な昭和32年以降、最も少なかった前年に比べ増加した。一方、争議行為を伴う争議件数は57件(同49件)で、前年と比べて増加したものの、総参加人員は3万2436人(同5万7345人)で過去最少となっている。

関連キーワード:
令和3年9月6日第3319号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ