3年以内離職 大卒で3割超 厚労省・29年卒調査

2020.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の調べによると、平成29年3月の新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率は高卒就職者で39.5%、大卒就職者で32.8%に達していることが分かった。離職率は、いずれも前年よりやや上昇した。

 離職率が高い業種は、宿泊業・飲食サービス業だった。大卒就職者で52.6%、高卒就職者で64.2%となっている。逆に電気・ガス・熱供給・水道業では離職率が低く、大卒就職者で11.4%、高卒就職者で12.0%に。事業所規模が小さくなるに従って離職率が上昇する傾向にある。

関連キーワード:
令和2年11月23日第3282号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ